施工管理フットボーラーとメモと読書@1年目

施工管理の仕事をしています。家族とアメフトに情熱を注ぎ、メモと読書の継続の毎日をアウトプットする。

#17 情熱、未来へ。

__________________

 

「一度しかないこの人生で自分の夢を

   追いかけないで、いつ追いかけるのだろうか」 

 

  ー 孫正義(そんまさよし)

__________________

 

 

 

自分の夢、

 

ビジョン、

 

創造、

 

 

 

新しいものが作りたい、

人と違うことがしたい、

自分だけの特別な何かを造りあげたい。

今も昔も変わらない。

 

ただ、

その思いはぼやっとしていて、

これまで明確に文字として書き起こして、

日々の中でそれが常に心の中にあったとは思えない。

 

明確なビジョンと、圧倒的なパッション(情熱)があれば、

きっと行動は変わっていただろう。

 

動きだすのに遅いはない。

いつでも最適なタイミングとは、今その時だ。

 

 

創造。

様々な定義があるこの言葉の中で、自分の中に落ちた定義は、

 

「創造とは、異質の情報や物を今までにない仕方で結合することにより、

 新しい価値をつくりだす過程である。」

 

 

そうだ、

新しい物を生み出すためには、

技術と技術、情報と情報の結合。

 

二人のイノベーティブなアイデアの結合。

 

 

 

今よりすぐ後の未来に夢を実現するために、

もっと多くを知り、学ばなければならない。

 

 

人間は、自分の思い描いた未来に概ね沿った人生を歩む。

引き寄せの法則。

 

そう、いつでも自分の可能性を信じ続ければ、

必ず切り開けると信じて。

今日の学びをここに発信すること。

 

これがいつの日か、自分の財産となると信じている。

馬鹿にされるぐらい馬鹿になろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

__________________

 

 

 

日常の中に、創造のヒントはある。

感受性を豊かに、

 

前田祐二さんがよく言う、

「毛穴むき出しで」という表現。

 

たしかに、それぐらい敏感にならないと。

自分の喜怒哀楽、感情の変化には特に。

 

 

 

子供の興味津々度合いは底がしれない。

 

いつも遊ぶおもちゃを手に取ったかと思えば、

気が付けば投げ捨てて絵本に夢中になっている。

 

おむつをはいている途中に、

テレビが気になって、おむつをはじき飛ばして走り出す。

 

見たことない新しい物を目にすれば、

真ん丸なキラキラした瞳で近寄って、手に取って、パクッ。笑

 

 

 

 

おもいしらされた。

我が子の方が、何倍もいろんなことに興味深々だった。

 

 

大人になるにつれて、

 

 

夢中になる恥ずかしさ、

 

 

一つの事を貫き通さねば、という固定観念。

 

 

石の上にも三年。

 

 

飯炊き3年、握り8年。

 

 

 

 

 

今の時代では全く通用しなかった。

今のスピード感で3年あれば世の中は変わる。

10年経てば、まるっきり違う世界になっているだろう。

 

 

だからこそ、

自分の気持ちを素直に感じ取り、

無邪気に、自分の興味でること全てに、情熱を注ぎたい。

遅いはないが、始めるのが早いにこしたことはない。

 

世界でたった一人の自分になれると、心底信じている。

 

 

 

 

人生を駆り立てる原動力、それは「情熱」だ。

 

 

 

f:id:musashimarumaru:20210202224529j:plain

明日を駆けろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこんな時間か、夜が明ければ明日は今日だよ。

それじゃあ、また明日会おう( ˘ω˘ )