むさし's ブログ@最高の習慣

施工管理の仕事をしています。家族とアメフトに情熱を注ぎ、メモと読書の継続の毎日をアウトプットする。

#18 メモ、なぜ書くのか。

__________________

 

「手早さより勤勉を旨とすよう

        先ず心がけること」 

 

ー Leonardo da Vinci(レオナルド・ダ・ヴィンチ) 

__________________

 

f:id:musashimarumaru:20210203225913j:plain

学生時代のノート、あれは、単なる書き写しにすぎなかったかもしれない。

 

 

「ここはノートと取っておくように」

 

 

小学校、中学校だろうか。

各教科のテキストがあり、

教科毎にノートをつくり、

先生が黒板に書いたことをノートにとる。

 

覚えるために書いていた。

 

毎日毎日、

一言一句欠かさず、

真似をしてノートにとっていたのを覚えている。

 

なぜノートをとっていたんだろうか。

 

 

ノートをとれと言われたからか、

 

ここはテストにでると言われたからか、

 

ただ単にチェックが入るから手を動かしてただけなのか。

 

覚えよう、記憶しようと思って、メモを取ったことがあっただろうか。

 

 

 

ノートやメモというのは、この頃の記憶しかなく、

忘れないように覚えておくため。

 

英単語なんかもそうだった、

見て、聞いて、ひたすら書いて覚える。

単語帳に同じ単語をびっしり書いて言いたのを思い出した。

 

 

自分の脳裏にはそれがやきついていて、

何かを覚えておくために、忘れないために、

メモをとっておいて忘れないようにする。

 

 

しかし学校のノートを見返すなんてことはほとんど無かった。

 

 

 

 

手帳に意味を感じなかったのもそうかもしれない。

忘れないために、予定を書いておく。

忘れないために何かをメモしておく。

 

忘れないで記憶するためだけにこのメモを取る行為を、

自分は全然信用していなかった。

 

大学生になってきたらもっとそうだ。

スマートホンがでてきて、

全ての予定はスマホのカレンダーに。

ラインで共有したり。

 

 

いつの日もメモをとることに意味を感じていなかった。

 

それは、

 

「記憶するための手段」

 

としかとらえておらず、

そうなるとスマホ一つで代替えがきいてしまうからだ。

 

昔の経験からなる固定観念により、

使い方はこれしかないと決めつけていたんだろう。

 

 

 

 

 

しかし、大人になった今、

今になって書くことの重要さを痛感している。

 

言語化すること。

記憶するためのメモでもあるが、本質は知的生産のためのメモだと。

ノートにスマホに持ち歩きのメモ帳に、

あらゆるものに自分の思いを書き連ねている。

本質的に見て、自分にどう活かせるか。

アウトプットにより時間を割く。

 

「インプットしたものを人に教えるならば、

 その3倍は学ばなければ明確に伝えることはできない。」

 

 

 

 

いつどこで、どんなアイデアが出ても保存しておけるように、

 

毎日毎日、

ノートに言語化するようになった。

 

今でも信じられない。

学生時代を思い返してみても、

今の書いている量が一番多いと思う。

 

それも、自分が成し遂げたいことが、

このメモによって叶うと必ず信じている。

だから今は、ここに情熱を注ぎたい。

そして必ず自分ならできるだろう、

 

火花散らす、その瞬間まで。

 

想いは夢を引き寄せ、現実にする。

しかし、それはただひたむきに努力し、

勤勉であり続けた者にだけだ。

 

常に、「自分はまだまだ、、、」

この謙虚さこそが、自分を磨いていくための

最大の栄養素となり、進化させてくれるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやおやもうこんな時間。夜が明ければ明日は今日だ。

それじゃあ、明日も頼んだよ( ˘ω˘ )