一日半歩の施工管理の日報

施工管理の仕事をしています。家族とアメフトに情熱を注ぎ、メモと読書の継続の毎日をアウトプットする。

#32 夢と言い訳

__________________

 

「夢と現実は違うなどという皮肉惑わされてはいけない。

 それは、夢をかなえる努力を怠った人間の、苦し紛れの言い訳に過ぎない」 

 

     ー 三木谷 浩史 ー

__________________

 

 

 

「言い訳はもうしない」

 

 

 

なぜできなかったのか。

 

なぜやらなかったのか。

 

理由はどこにも逃げない。

常に自分の中にある。

 

 

大人になるにつれて、

他責の考えから出てくる、言い訳を聞くことも多い。

 

「でも」

「だって」

 

 

その先に何を語るだろう。

どれだけ言葉を繕ったとしても、

それは、自分以外の何かに責任転嫁した、

ただの言い訳に過ぎない。

 

自分に何か足りなかった、

そう思えるまで進歩はない。

 

 

 

他責。

 

「他者を信じること」は、

「裏切られるリスク」を背負うことでもある。

 

最後に信じると決断したのは、自分。

 

自分勝手に、良い結果の期待を抱いていただけに過ぎない。

 

責任は常に決断した自分にある。

 

まだまだ足りない、

自分自身を、強く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

__________________

 

 

 

 

 

大人になると、「言い訳がうまくなる」なんて聞くこともある。

 

いかにして、自分の責任にしないか。

自社の責任ではない根拠を示すのか。

言い訳を考える時間ばかり増えるのだろうか。

 

つい最近、社内でも聞くことがあった。

 

耳疑うような、

でも、、、そんな勉強したことないから。

でも、、、でも、、、

 

 

大人の言葉とは思えなかった。

 

 

 

 

 

 

他責のクセが付いてしまっている人は、

その自覚がない。

 

自分の責任にしたくない。

仕事を増やしたくない。

手離れしたい。

 

自分以外の何かにフォーカスするばかり。

 

 

単なる仕事への価値観の問題だろうか。

人間性の問題だろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

自分は自分であることの大事さ、それを改めて実感した。

他人と比べることに意味はない。

 

何を考えて、どう動くのか。

なんのために。

 

「どうなりたい」

 

 

相手はいつも自分。

他者に頼る前に、地力を底上げする。

 

メモを見返し、全ての始まりを再確認する。

そうしてまた、目標を定めて歩き出す。

 

 

 

 

「夢と現実は違うなどという皮肉惑わされてはいけない。

 それは、夢をかなえる努力を怠った人間の、苦し紛れの言い訳に過ぎない」

 

 

 

自分自身と向き合い、

ひたすらに、ゼロの自分にイチを足す。

 

自分の人生を動かせるのは、自分だけだから。

自信を持て。

 

いつも確実に自分の事を信じてくれる相手がいる。

それは「自分」という最高のパートナーだ。

 

 

f:id:musashimarumaru:20210218231635j:plain

俺と俺、二人で一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

おや、もうこんな時間。

夜が明ければ明日は今日。

今日も一日ありがとうございました。

 

それじゃあ、また明日_(:3 」∠)_