むさし's ブログ@最高の習慣

施工管理の仕事をしています。家族とアメフトに情熱を注ぎ、メモと読書の継続の毎日をアウトプットする。

#37 伝える、感謝。

__________________

 

「『ありがとう』と言う方は何げなくても、言われる方はうれしい。

    『ありがとう』これをもっと素直に言いあおう」 

 

  ー 松下幸之助 ー

__________________

 

 

 

 

なんだかとても心が温かい。

 

これが「ほっこりする」というのかもしれない。

 

 

ちょっとした感謝。

相手を助けて感謝される。

何げない気づかいで感謝される。

 

感謝を伝えるという行為においては、

相手を嫌な気持ちにさせることは無いと思う。

それは身近な人間であればあるほど、感謝を忘れやすい仲ではあるが、

それが当たり前になってしまってはいけない。

 

人間一人でできることはたかがしれている。

周囲のサポート無くして自分はない。

 

だからこそ、

感謝の気持ちを持つ、だけではなく、

しっかりと相手に感謝を「伝える」ことを意識したい。

 

心温まるこの心地よい感覚。

人間は言葉が話せることによって、

伝え方、伝わり方も変わってくる。

 

無言だが本当こう思っているよ、ではなく、

僕は感謝のはっきりと言葉で伝えたい。

 

僕がされたことで、改めてそう気づかされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

__________________

 

 

午後

 

 

気温も上がり、

太陽が照っていて気持ちがいい。

 

日が沈むと風は冷たいが、

日中の過ごしやすさは抜群だ。

 

このお出かけ日和だ、

息子君もさぞ走り回りたいことだろうから、

広い芝生がある所を目指し、僕は車を走らせた。

 

 

かなりの車の数だった。

駐車場も屋上回りに回ってやっと止めることができた。

 

なかなかの人の多さだ。

みんなマスクをつけ、一定の間隔は保っているようではあるが。

 

縦横無尽に駆け回る。

最近本当に足が速くなってきたな。

ほんとに全然目が離せないぞ。笑

 

 

 

 

遊び疲れた息子君を車に乗せ出発。

夕刻へ近づくタイミング。

帰りの車で混む時間帯にドンピシャだった。

 

列になり少しずつ進んでいく。

 

立体駐車場の屋上からだとぐるぐる回って下りていくが、

その途中階からも車が入っていくることもあり、

車の流れはかなり遅かった。

 

ゆっくりと進む。

 

コーヒーを飲みながらゆったりと。

 

 

 

下の階へ差し掛かるところ、

どちらかというとこちらが優先道なのか、

途中階で一台ずつ車が間へ入っていく。

 

間へ入らせまい、とする人もいるかもしれないが、

まぁお互い様だしゆっくりと間隔を空け、どうぞどうぞと。

 

 

 

 

 

僕の目の前に入っていく車。

軽く会釈をしてゆっくり進める運転手。

  

そして、

 

こちらを向いて深々と頭を下げる、助手席のお兄さんがいた。

 

 

 

 

 

僕はなんだか、心が温まっていた。

「そんなにいいことをしたのか?」

 

ほっこり。

 

心が温かく、なんが嬉しい気持ちだった。

 

 

 

運転手が軽く会釈する、

手を挙げて礼を言う、

ハザードをカチカチとありがとうアピール、

これらは入れてもらったりするとよく感謝を伝える行動である。

 

ただ、

この助手席のお兄さんが、運転手よりも深々と感謝を表現していたように見えた。

自分は運転しているわけではないが、

こちらに向けて精一杯の感謝の意を表したのだろうか。

 

僕はこの時、「このお兄さん、絶対良い人だ」と思った。

 

どこの誰かは知らない。

もう二度と会うこともないかもしれない。

 

けれど、

自分も乗っている一人として感謝を表す。

そんな謙虚な姿勢からは、

「普段から感謝を忘れない」

という志すら見えたようにも思えた。

 

多分当たり前のことなんだろう、

助けてもらって感謝する、礼を言う。

でも、このちょっとした時に、

相手を見て心から感謝する姿勢を向けられるのは、

多分普段からの周りへの感謝を忘れない意識の結果なんだろう。

 

そして、その感謝の姿勢は確実に僕の元へ届き、

心を温めてほっこりさせてくれた。

 

正直、感動した。

 

 

その感謝を伝えるという当たり前の事、

その行為によって知らぬ間に周りの心を温かくしていっている。

まさに、「感謝の輪を広げるお兄さん」だったのだ。

 

 

 

 

自分も、感謝は伝えようと思った。

そしてこの感謝の輪は、僕がまた誰かにつなげることで、

どんどん広がっていく。

 

そして、それがいつか何かしらの形へ自分の元へまた帰ってくる。

 

見返りを求めている訳ではない。

この心温まる感覚を、共有したい、感じて欲しい。

そしてまた、誰かへ届けてほしい。

誰かの心をほっこりさせてあげてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「『ありがとう』と言う方は何げなくても、言われる方はうれしい。

    『ありがとう』これをもっと素直に言いあおう」

 

 

 

 

 

当たり前のことなんてない。

必ず誰かの力を借りて生きている。

 

「謙虚にして驕らず」

これは最近学んだ中で、今年絶対に心がけようと思った言葉。

 

全て自分だけで、できるはずはない。

回りへの感謝は常に意識することと、

その感謝を必ず伝えるべきであるということ。

 

僕から感謝の輪を回したい。

 

 

 

f:id:musashimarumaru:20210223232004j:plain

自分はまだまだ甘ちゃんだ。だから、これからもっともっと頑張るよ。いつもありがとう。

 

 

 

何げない日常からヒントを得る。

自分の感情の変化を逃さずメモに書き記す。

 

当たり前にするな、

日常を日常で素通りさせるな。

これは自分との約束だね。

 

もっとおもしろい体験があったら、

どんどんここに書き記していこう(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやおや、もうこんな時間か。

夜が明ければ明日は今日。

今日も一日ありがとうございました。

 

それじゃあ、また明日会いましょう( ˘ω˘ )