むさし's ブログ@最高の習慣

施工管理の仕事をしています。家族とアメフトに情熱を注ぎ、メモと読書の継続の毎日をアウトプットする。

#45 失敗を楽しむ人間

__________________

 

  「失敗こそが、人生の道のり 

 

  ーEmma watson(エマ・ワトソン)ー

__________________

 

 

 

情報が出回る中、行動しなければ成果は出ない。

 

 

「知っている」よりも、

「やったことがある」の方がより深く携わっている印象を受ける。

 

見るのとやるのは違う。

物事は現場で動いている。

 

 

 

 

 

 

「失敗は成功の母」

 

「失敗したのではなく、これでは上手くいかないとわかった」

 

「失敗を糧にする力」

 

 

 

 

 

 

 

どんな凄い人の過去を遡ってみても、

失敗がなく、完璧な人生を歩んできた人はいなかった。

失敗を糧にして、更に挑戦する人しか残っていないのではないだろうか。

 

「失敗」、それは行動を起こさなければ手に入れることができない経験。

 

失敗したら終わりだと過去に刷り込まれてしまったのか、

笑われてしまうと不安に頭を悩ませているのか。

 

 

この一歩の差が、いずれとても大きな差となって結果に表れてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本に触れること。

それは、過去に体験した人のストーリーに、

その一冊で自分も感じ取るとができる。

 

内容を全て把握する必要はないが、

その中から自分に使えそうなものを抽出して、

自分に当てはめてアレンジして、

実際に使って身に付けて行く。

 

これで初めて、本を読んだ効果が発揮される。

知識とは、使わなければ価値が無い。

 

 

知識のインプットをするだけでは、

勉強の中の2割程度の成果なのである。

アウトプット(実際に使う)してこその知識だ。

 

 

 

 

 

本から学べるのは成功や、自分に使えそうなスキル、

それだけを学べるわけではない。

 

本にはその人の成り立ちや、どうやって今に辿り着いたかが

ほとんどの本で語られる。

 

その中での、「他人の失敗経験」にこそ自分の知識として

取り入れれるものもたくさんある。

 

 

「人は経験から学ぼうとするが、他人の経験から学べるにこしたことはない」

という言葉があります。

 

本とは、他人が何年も、何十年もかけてストックした経験を、

1冊の本にまとめてくれている素晴らしい教科書である。

 

改めて感じさせられた。

 

同時に、どう使うかまでイメージすることができれば、

必ず自分の武器になると確信している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人は経験からしか学べないもの

 

 

 

 

 

 

 

それでは、

この本は、何のために読む?

 

何を得て、何に使って、どうなりたい。

 

 

 

全ては未来から現状の引き算で、その間を徐々に詰めていく。

本は手段であって目標ではない。

 

 

f:id:musashimarumaru:20210304230751j:plain

河原でも草むらでも山の中でも、躊躇なく飛び込んでいた。子供の頃の無限に溢れ出る好奇心というモノは、大人になるにつれて忘れてしまっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやおや、もうこんな時間。

夜が明ければ明日は今日。

今日も一日ありがとうございました。

 

それじゃあ、また明日会いましょう( ˘ω˘ )