施工管理フットボーラーとメモと読書@1年目

施工管理の仕事をしています。家族とアメフトに情熱を注ぎ、メモと読書の継続の毎日をアウトプットする。

自分で選ぶこと。

 

 

こだわりが強い、、、

 

 

 

自分以上にこだわりが強い。

というより、車への情熱が、、、

 

 

 

家には、とことん車のおもちゃが増えてきました。

転がしてみてたり、

寝そべってタイヤをのぞき込んでみたり。

一人でもずーっと車で遊んでしまうほどに。笑

 

他にもぬいぐるみだったり、

キャラクター物なども買ってはみたんですが、

あまり反応よくなかったんですね。

 

親が一方的にいいと思ってかってしまって、

本当に求めているものを見抜けなかった、、、

 

ただ、いろんなことには触れてほしいと思う。

 

 

 

とくにスポーツをするということ。

 

田舎で生まれ育った私には、

スポーツを始めようと思っても、

選択肢がなかった。

 

身近にあるスポーツ、

テレビで目にするものや、

部活動にあるもの。

 

そいうった少年チームや団体が限られていて、

私の地元では、ソフトボールをするか、サッカーをするか、

ぐらいしか選択肢が無かった。

 

 

もし、

あの小学生時代の時に、

アメフトを、フラッグフットを知っていれば

ラグビーやタグラグビーを知って入れば、

自分の興味を持つ先は変わっていたかもしれない。

 

いろんなスポーツの中から、自分にあった一つ、

情熱を注げるスポーツと出会ってほしい。

その経験が必ず人生に生きてくるから、

その仲間たちは一生ものの仲間となるから。

 

 

選択肢は狭めてあげてたくない。

自分がやっているからといって、アメフトを強制するつもりもない。

 

ただ、自分がプレイしている姿を見て、

「楽しそう」とか「かっこいい」という感情が生まれて

興味を持ってくれれば、そんなに嬉しいことは無い。

 

 

そんなアメフトと出会って、

多分ずっと関わり続けるだろうな、と思う。

 

 

 

そして、今年はもっと強く、

熱い仲間を集めて、もっと熱く、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこのぐらいで。

夜が明ければ明日は今日。

未来は今日から始まっている。

 

それじゃあ、また明日会いましょう( ˘ω˘ )

 

f:id:musashimarumaru:20210320231142j:plain

勝つために。昇格するために。自分のできること。