むさし's ブログ@最高の習慣

施工管理の仕事をしています。家族とアメフトに情熱を注ぎ、メモと読書の継続の毎日をアウトプットする。

#56 今でしょ、という言葉の魔力が。

__________________

 

「なりたかった自分になるのに、

   遅すぎることなんて決してないのだ」

 

  -George Eliot(ジョージ・エリオット)-

__________________

 

 

 

 

 

「ここが引っかかるんですけど、これで大丈夫なんですか?」

 

 

 

 

自分の思った事、

疑問に思うことはハッキリと伝える。

 

それが正しいのか、間違っているのかはわからない。

自分が完璧で正解なわけでないのだから。

 

ただ、

「これでどうですか」

という提案に対して、

「はい、問題ないです、OKです」

という話だけでは、よりよいモノは生まれない、

そう改めて感じた日だった。

 

 

そして何より、

自分が前よりも問題を定義できていること。

 

疑問点を出すことによって、

それが問題を事前に防ぐことにつながった。

 

言ってよかった。

 

 

昔はモヤモヤっとしても、

自分の中で押し殺すことも多かった。

 

熱い感情を押し出すだけで、

感情論で語る事ばかりで的確な質問が苦手だった。

 

今日こうやって問題を提議して、

そこから議論が生まれ、

結果的に問題発生を事前に防ぐことにつながった。

 

万全の準備で次の工程へつなげることができた。

 

 

 

 

自分にとって、今日実感した進歩、

その一歩は思った以上に大きかったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

__________________

 

 

 

自分を変えようと思う。

 

性格を変えたい。

 

内気を直したい。

 

コミュニケーション能力をあげたい。

 

 

 

 

人生どこかのタイミングで、

自分が変わる転機というものはあるんじゃないかなと思います。

 

私の第一の転機は高校1年生の時。

それまで続けた野球を勝手にやめて、自分の意志でラグビーを始めた。

 

第二の転機は大学生。

これもまた、ラグビーを続けることを捨て、自分の意志でアメフトを選んだ。

その選択は間違っていなかった。

田舎者の私は、多分見違えるように人間が変わったと思う。

 

そりゃもちろん見た目のおぼこさが一番変わったとは思うが、、、笑

 

 

 

ここで出会えた仲間達、

そして、アメフトを通して出会えた仲間達。

 

自分の人生では一生縁が切れることはないだろう。

共に戦い、汗水流し、本気で取り組み、本気で遊んでもきた。

 

あの選択があったからこそ、今がある。

 

 

 

 

 

そして、その今を変える転機。

それがまさに「今」ではないだろうか。

 

未だ自分の知らない自分、

そこには無限の可能性があるし、

自分はその可能性を信じて止まない。

 

 

 

 

たしかに、学生に比べれば、

とんでもなく変わっただろう。

性格、人間性、考え方、体格。

見た目も中身もとても成長していいことだ。

 

しかし、もっと自分を磨くにはどうしたらいいのか。

 

サラリーマンになって、毎日の仕事に追われるだけで、

自分自身をこれからどうやってもっと成長させるか、

ビジネスができるようになるか、

かっこいい大人になるのはどうすれば、

 

ここ数年でそんなことを本気で、自分の中で考えれていなかっただろう。

 

 

 

 

現状維持は、後退である。

 

現状を変えたければ、自分で行動を起こすしかない。

得た知識を、自分の行動に転用して、自分の動力にする。

 

 

 

 

そして何よりも、

原動力は「情熱」であるということ。

 

ハマる、熱中する。

 

 

 

 

 

 

自分の人生に対して、まだまだ情熱を注げるはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なりたかった自分になるのに、

   遅すぎることなんて決してないのだ」

 

 

 

 

いつも自分に言い聞かせる。

 

タイミングを伺う必要はない、

ベストなタイミングとは常に今である。

 

今があるのは過去の努力のおかげであって、

未来は今からの努力でつくる必要がある。

 

謙虚にして驕らず。

 

 

 

 

 

自分の思いはどんどん言語化していく。

今年を自分の「転機」と、するために。

 

 

f:id:musashimarumaru:20210322232230j:plain

道なりに真っすぐ自分のペースで進むのも気持ちがいい。しかし、道無き道を進むというのも、これもまたワクワクがとまらない。だって、野性育ちだもの。

 

 

遅いは無いです。

今から変えようと、始めようと思えば、

自分の意思決定だけで始めることができる。

 

私は我流の道が凄く好きで、そこに魅力を感じる。

道無き道を進み、自分の草木をかき分けて進んでいく。

そうやって山や草むらを探検ばかりしていた、

昔ながらの習慣からくるものかもしれませんが。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやおやもうこんな時間。

夜が明ければ明日は今日。

 

それじゃあ、また明日会いましょう( ˘ω˘ )