むさし's ブログ@最高の習慣

施工管理の仕事をしています。家族とアメフトに情熱を注ぎ、メモと読書の継続の毎日をアウトプットする。

#59 拳を高く、志高く。

__________________

 

「もっと早く終わるように、少し休め

 

-George Herbert(ジョージ・ハーバート)-

__________________

 

 

 

 

少し疲れているのなら、少し休んでまた始めればいい。

 

 

 

疲れているのかもしれない。

ならば、少し休むといい。

少しの休息が、その先の効率を確かなものにしてくれる。

 

昼休憩での15分の昼寝がとても素晴らしい効果を発揮する。

睡眠をとる前にコーヒーを飲んでいれば、

カフェインが効いてきて、実にい良い目覚めを迎え、

昼からも全快で活動することができる。

 

 

体力的な疲れもあれば、

精神的な疲弊もある。

 

悩み、ストレス、人間関係、

全て嫌になって投げ出しそうに、そんな時はあるでしょうか?

 

 

自分自身、あまりそんな体験がなく、

精神的にやられてしまったこともないと思いますね。

深く考えない性格もあるかもしれません。

 

 

 

「ストレスチェック」というものがあるようで、

それが最近会社からメールで送られてきて、その日に回答が終わった私は、

確か1ミリもストレスがない結果に終わったと思います。笑

 

 

しかし、

このコロナ過で、コミュニケーションの機会や、

飲み会、交流の場が著しく減ってしまい、

ストレスを溜める人が多いみたいなんですね。

 

 

驚いた、というか意外でした。

 

「そんなところでストレスを感じるんだなぁ」って。

 

 

飲みに行くのが好きなにとっては、

ストレス感じるのかもしれません。

 

そもそも、飲みにケーションってほんとに重要なんでしょうかね?

酒の場では本音がでるとか、

プライベートな話もできてどーのこーの言いますが、

どうもあんまり魅力を感じない。

 

 

酔った勢いでしか本音が言えないようなら、

根本その組織が既にまずい状態な気もします。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

__________________

 

 

 

ストレス、を感じて、

追い込まれてしまって、

 

自分責めて、卑下して追い込んで。

 

「ハラスメント」という言葉が世の中に出回り、

何においてもハラスメントの可能性がでてきていますね。

 

「昔はこうだった。最近の若いもんは、、、」というのは古い考えですが、

その考えをもつ人が多いことも事実でしょう。

 

私は体育会系の道を進んで来た、というのが露呈しておりますので、

飲み会の席でも標的になることは多かったです。が、

割とそういうのは慣れていて、自分が標的になってその場が盛り上がれば

それは万事OKという考えですね。笑

 

あまり深くは考えないし、

それなりに場を盛り上げるスキルには自信がありました。笑

 

 

 

 

かといって、

そんな人ばかりではないと思います。

 

私はストレスを溜めない、というよりは

深く考えてないタイプです。笑

寝れば忘れるに近しいものがあります。

 

どんな時にストレスが溜まって、

それが爆発してしまうのか、

自分自身を追い込んでしまうのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、「人に対してイライラする」といのはどいう時か。

 

自分が勝手に他人のハードルを上げてしまって、

期待をしすぎていることにあるのかなと思います。

 

自分の理想に他人が沿ってこないから、

だからイライラしてきてしまうのでしょうね。

 

他人の意志というのは、こちらどうこう操作できることではありませんからね。

変えることができる、コントロールできるのは、

まず自分ではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

次に、「自分自身を責めてしまう、ネガティブな方向へ行ってしまう」

これはどいう時か。

 

これはある意味自分に厳しすぎること、に原因があると思います。

 

 

自分はできない、自分はあの人みたいにはなれない、

他人と比べてしまったり、自分が目指すレベルになれないことに対して

自分を卑下してしまいます。

 

しかし、それは目指すレベルが高い、目標が高すぎるせいで起こるように思います。

日本人は、完璧、100点満点が偉い、成功が正しい、失敗は悪。

わかれば偉いし、わからなければ罵られる。

 

必ずしも100%を求めすぎてしまう。

それは遠い昔からの、育ってきた過程で体験した出来事からなるもので、

自然にそう脳が判断してしまっているかもしれません。

 

完璧にこなさないとダメ、満点をとれない自分が許せない。

自分に対して、自分が一番厳しくできる人なのでしょう。

 

ゴールを少し低く設定すること、

60%できれば上出来だ、半分以上わかってるじゃないか。

復習して次は80%目指せばいい。

 

そうやって少しずつ良くしていく考えをもってもいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

時には思いきって休むこと。

何もしない一日も悪くない。

 

その休息でまた頑張ることができるなら、

それはとても有意義な一日だと思うからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もっと早く終わるように、少し休め

 

 

 

疲れたら、休めばいい。

 

ただ、私は休んでいる場合じゃない。

常に焦っている。

 

全然ストレスを抱えるわけでもなく、

自分のやりたいことをやらせてもらえている。

過去の最高の自分を毎日更新し続けている。

 

終わった後に休めばいい。

今変わらなければ、多分変われない気がするから。

 

 

f:id:musashimarumaru:20210325233826j:plain

now だ。

 

 

頑張れるなら頑張ればいいし、

休みたいなら休めばいい。

 

一番ダメなのは無理をすること。

無理にやっても、続かなければ成果もいいモノにはならない。

 

自分がとことん情熱を注げるモノに対して、

全力で頑張ればそれで万事OKですね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやもうこんな時間ですね。

夜が明ければ明日は今日。

 

それでは、また明日会いましょう( ˘ω˘ )